TECHNOLOGY OF SPUR STRUCTURE 構造

SPUR シュプール

革新の接合金具が拓く、強く美しい木造表現ソリッド・ジョイント工法

従来の1.5倍の接合部強度と、
木肌を「魅せる」美しい仕上がり

シュプールの「ソリッド・ジョイント工法」は、柱に直接特殊な金具(コネクタ)を取り付け、ドリフトピンで梁と結合するのが特徴。両者をつなぐために必要だった「ほぞ穴」という溝を柱側に掘る必要がなく、従来の木造軸組工法の約1.5倍の接合部強度を実現しました。
金具の小型化により、金具そのものやスリットが目立たない仕上がり。
柱や梁を露出させ、木目を美しく見せる家づくりにも適しています。

ソリッド・ジョイント工法の図

TECHNOLOGY OF SPUR

木の家こそ、テクノロジーの集合体。
これからの安心と快適を先進の技術で実現します。

構造STRUCTURE

制震VIBRATION CONTROL

快適性COMFORT